資格取得が難しい資格

現在、資格取得が必要な仕事は色々とあります。
難易度が低く、ある程度の学力があれば簡単に取得できる資格から、しっかりと勉強しなければ合格する事が出来ない資格、さらには難易度が高く、合格する事が非常に難しい資格迄数多く存在します。

難易度が高く、簡単には資格を取得する事が出来ない仕事に、公認会計士や税理士、司法や法務などの資格があります。
特に難易度が高い資格は司法や法務で、専門性が高く、かなりの知識が無ければ合格する事は出来ません。

公認会計士は、会計資格の中で最も難しい難関で、資格試験の合格率はかなり低いと言われています。
しかし、公認会計士になると、高収入が期待できるので、とても人気のある仕事になります。

公認会計士の資格は、誰でも受験する事が出来ます。
試験では、短答式試験と論文式試験があり、短答式試験では財務会計論、管理会計論、監査論や企業法です。
この4つの科目試験が実施され、すべての科目で合格しなければいけません。

論文式試験では会計学、監査論、企業法、租税法、経営学や経済学、統計学等もあり、これらの試験に合格し、さらに2年間の実務経験を経て、公認会計士の資格を取得する事が出来るという難関になります。

資格試験は、簡単に取得できる資格と、試験に合格し、さらに経験を積まなければいけない資格等色々とあります。
また、資格を取得するのにかなりの努力が必要な物がありますから、そのような資格を取得する場合、計画的に取得する事になります。



▽特別リンク▽
国家総合職や地方上級などの公務員を目指す講座のサイトです > 公務員

Copyright © 2014 資格取得難易度が高い資格 All Rights Reserved.